みやちとーるPhoto Exhibition 『Thank you fujirockers!!! Vol.15 〜音楽のある未来を見つめて〜』


イベント詳細

  • 日付:
  • カテゴリ:

みやちとーるPhoto Exhibition 『Thank you fujirockers!!! Vol.15 〜音楽のある未来を見つめて〜』 . .
【会期】 2022年6月25日(土)〜7月2日(土)(*30日木曜休み) 平日 11:30 〜 14:30(14:00 L.O.), 18:00〜24:00 土日 11:30 〜 24:00
. . 【 . . 【入場無料】 *1オーダーお願いします。 . .
【OPENING PARTY】 「フジロッカーズ・バー大阪 x Photo Exhibition Thank you fujirockers!!! ’22」 2022年6月25日(土) start: 17:00 入場無料(要1オーダー) 今回も関西フジロッカーズの根城bigcakeで開催されているフジロックファンのみならず音楽ファンの集うイベント「フジロッカーズ・バー大阪」さんが写真展のオープニングでコラボしてくれます!
フジロックマニアから行ったことないけど興味はあるという人まで、みんなで音楽を共有して楽しみましょう。 . .
【概要】 今年も前年のフジロックの会場で撮った写真で、フジロックの写真展を行います。 コロナ禍の2021年8月、僕たちは音楽のある未来を取り戻す為、延期となった前年の思いも込めていつもとは全く違う苗場に集いました。 抗原検査やPCR検査で陰性の結果が出た人だけが入場し、一切のアルコールは存在せず、マスクの着用、検温、手指消毒、黙食、深夜から朝にかけての全てのプログラムの中止。 ステージ前は密を避けるためのマーカーが地面に打たれ、発声の禁止で爆発させられない全ての想いを込めて演者に拍手を送りました。 時折抑えきれない思いが吐息のような何とも言えないものとなって弾けるあの切ない瞬間。 スタッフも、出演者も、参加者も、そこに集まった全ての人が音楽を取り戻す戦いの勇者でした。
僕は、あの特別な2021年のフジロックで何を撮るべきだったのか。 ただ一つ言えるのは、あの2021年があったからこそ、今年2022年のいつものフジロックが存在するということ。
緊張と戸惑いと苦悩とそしてそれでも久しぶりに大きな音を体感して涙を流してしまう感動とが渦巻いたあの夏の記録を見ながら、今年のフジロックへ思いを馳せてもらえたら嬉しいです。 . .
【作者紹介】 みやちとーる . 1975年三重県生まれ ステキ工房代表 写真家 2004年、「休めないなら辞めればいいんだ!」と写真スタジオを退職して初めて行ったフジロックの感動が忘れられず、単車でのツーリング、青春18切符での旅を経て、ここ10年ほどは車にテントを積んでとなっているが、相変わらず水曜の夜出発して火曜に帰ってくるという1週間の行程を敢行。フジロックが3日間しかないだなんてもったいない! 苗場4泊5日を含む約1週間の旅が僕にとってのフジロック! 2008年に宇宙大使☆スターさんと共にスマッシュ主催のフジロック写真展「Enjoy FUJI ROCK ! Photo Exhibition in WEST」に参加。 その後も毎年『Thank you fujirockers!!!』シリーズの写真展を開催。 野外フェスのオフィシャルフォトグラファーをはじめ、ライヴやアーティスト写真の撮影の他、広告、エディトリアル、家族写真など幅広く活動。 近年では、ライヴ会場や展示会場等で撮影した写真をリアルタイムでスクリーンに映し出し、撮る行為そのものを見せる新たな表現形態「ライヴシューティング」でイベントや美術展にも参加。 写真集「永遠の夏休み」を2010年に出版。 HP : https://sutekifactory.com twitter : @sutekifactory https://twitter.com/sutekifactory instagram : @sutekifactory https://www.instagram.com/sutekifactory/ Facebookページ: みやちとーる(ステキ工房) https://www.facebook.com/tohrumiyachi/